ムーンライト オーガニック シラーズ 2009 南アフリカ ステラー社新鮮な果実の旨みを豊かに感じるミディアムボディーでバランス良いヴィンテージ

価格:¥980- カードOK 送料別 税込み


■商品コード:vin2:10000376
■タイプ      赤   ■ボディー  中庸■産地      南アフリカ オリファンツリバー ナマクワランド (South Africa)■ぶどう品種  シラーズ■生産者    ステラー社麦ちゃんテースティングコメントブルーベリーやブラックチェリーを思わせる新鮮な果実が豊かに香ります。ミルキーな要素、シナモン・胡椒などのスパイス香が加わります。口当たり優しく香りから想像されるような新鮮で豊かな果実味が豊かに広がります。適度な酸と適度なタンニンがありバランス良くまとまっています。ミディアムボディーで柔らかく、尖ったところのない優しいイメージの味わいですが、比較的濃縮した果実の旨みが広がり適度な飲み応えがあります。余韻も中庸で、後味にも果実の旨みが残ります。 南アフリカのワインの凄さの要因 穏やかな地中海性気候の下、ブドウ栽培に最適な気候に恵まれた南アフリカ・ケープタウン周辺では、 350年も前から伝統的に高品質なワインを造り続けてきました。 歴史的には、カリフォルニアやオーストラリアなどの国々より100年以上も早いのです。 しかし高品質なワインが造られるようになったのは1990年代前半にアパルトヘイトが終わってからと なります。アパルトヘイトが終わり、国際市場の中で自由に貿易ができるようになった南アフリカワイン は、約600のワイナリーが存在し、数多くの高品質なワインを生産しています。 最近では国際的なワイン大会で数多くの賞を受賞し、世界中のワイン専門家達にも絶賛されている最 も注目されている国の一つです。 また、ブドウ畑の景色の美しさは世界一と言われ、訪れる人を魅了しています。 南アフリカ・ケープタウン周辺では、あまり農薬を使用しなくても良いほど、ブドウ栽培に最適な気候に 恵まれています。それは、豊かな太陽の恵みと、強い風が様々な病気や害虫を寄せつけないからです。 収穫時期( 2月〜3月)には、ほとんど全く雨が降りません。一般的には、防カビ剤を必要な時に散布す る程度で、防虫剤や除草剤などを使用しないワイナリーが多いのです。 具体的には、例えば、防虫剤を使用せずに、畑にアヒルやホロホロ鳥を放し飼いにしていたり、 化学肥料の代わりに鶏糞や有機肥料を使用しています。また、除草剤の代わりにブドウ畑に麦を植え て雑草が生えないようにしているなど、環境に配慮した栽培を行っています。 そして収穫は丁寧に手摘みされています。 また、政府による厳しい環境基準( IPW:環境に優しいワイン生産プログラムのガイドライン)が設けられ ており(世界でも最も厳しい基準の国の一つで、欧米やオーストラリアなどの国々が見学に訪れています)、 減農薬・酸化防止剤微量使用、リサイクルの徹底など、環境的にも人体的にも健康的なワイン造りが行 なわれています。 酸化防止剤の使用量の許可基準については、 ドイツ( 300mg/L以下)やフランス(350〜 400mg/L以下) などのヨーロッパの国々に比べても使用制限量が一番低く設定されています (南アフリカでは250mg/L以下)。 保存料(ソルビン酸)なども使用されていません。 収穫量も大抵のワイナリーは平均5〜8トン/ヘクタール前後で生産量を抑えながら、むしろより良質なブドウ を栽培することに努めています。 このように南アフリカでは、生産者ができる限りの自然な方法で丁寧にブドウを栽培しています。 10P27aug10ムーンライト・オーガニック・シラーズ(フェアトレードワイン) フェアトレードとは?発展途上国の貧しい生活水準の向上を応援する貿易のことです。アジアやアフリカ、中南米などの女性や小規模農家、スラムの住人など、社会的、経済的に立場の弱い人々に仕事の機会を造り出し、公正に対価を支払うことで、彼らが自らの力で生活を向上出来るように支援する活動です。人と地球に優しい貿易の仕組みです。 安くても激旨オーガニック! オーガニックだからといって品質に妥協しない オーガニックの低価格帯のワインってよくガッカリさせられること 多いんだけどこの、シラーズは激安旨のオーガニック そのポリシーのもと、オーガニックワイン生産者としても毎年数多くのメダルを受賞しているワイナリー、 ステラー・オーガニクス社。 同社は、ケープタウンから北へ約300km、オリファンツリヴァー地区のナマクワランドにあります。 ナマクワランドというのは、世界でも最も花の種類が多い地区として有名なエリアで、 8−9月の(現地の気候で)春先には、世界中を探しても、きっとこの地より花の美しい場所はないだろう と思われるほどです。 ステラー社は、このナマクワランドでオーガニックワインを生産しています。 現在は、53人のスタッフが働いていますが、彼らもステラー社の株主であり、 ワイン販売の利益が直接労働者にも届くようになっているのです。 これぞ オーガニック! ステラー社の畑を訪問すると、アヒル達(下の写真左)が迎えてくれます。 この畑には2000羽くらいのアヒルがいるそうだが、彼らは30-50羽くらいの集団を作って、 「ガァーガァー」と何やら話をしながら、畑の中をアチコチ動き回っているのです。 たまに水場があると、嬉しそうに水浴びをしたりしています。 彼らは、この畑の番人みたいなもので、様々な虫を食べてくれます。 また彼らの糞(フン)は、そのまま土の栄養になるのです。 土を掘ると、そこには沢山の虫達(下の写真右)がいます 昔よく捕まえて遊んだダンゴ虫(まる虫)や無数の微生物がいることで、 土に栄養を与えてくれるのです。


レビュー平均:4.5
 
商品カテゴリ
おすすめサイト
アクセスカウンター