ソーコル・ブロッサー・デリニア300 2008

価格:¥2499- カードOK 送料別 税込み


■商品コード:kbwine:10007433
物凄い人気!!すでに132本完売!!。12本追加しました。2011.3.7※品切れの際、至急インポーター様の在庫を確認し、 補充いたしますが、終売の場合は何卒ご容赦ください。上級キュベも入荷中!!こちらもあわせてどうぞ。◆価格改定による20%オフ!!なんと3000円台で買える!! [ソーコル・ブロッサー・ダンディーヒルズ・ピノ・ノワール 2007] http://item.rakuten.co.jp/kbwine/orc0028/Sokol Blosser Delinea 300 Willamette Valley Oregon [2008]色・容量赤750mlALC14%ブドウ品種ピノ・ノワール 100%産地アメリカ、オレゴン州、ウィラメット・ヴァレー味わいミディアムボディ(辛口)現地でも飲めない超限定生産の激安旨オレゴン・ピノ!!しかも歴代最高97点獲得の超グレート・ヴィンテージです!造り手である[ソーコル・ブロッサー]は、オレゴンでも老舗の造り手です!!。オレゴンのワインの歴史は1966年に始まる、とされているのですが、わずか5年後の1971年にオレゴンのテロワールに魅せられてブドウ畑を切り開き、以来、ワイン・スペクテーター誌などでも92点という高い得点を獲得するピノ・ノワールを生産してきました。自然なワイン造りを目指し、オレゴンはもとより、全米でもいち早く、オーガニック栽培、環境にやさしいワイン造りを取り入れ、2005年には米国農務省認定のオーガニック認証を受けています。また、2009年度には、全米初めて、環境にやさしい建築デザイン採用のワイナリーと認めら、オレゴンを代表する自然派農法を実践するワイナリーです。設立の古いソーコル・ブロッサーの畑は、ワイナリーを取り囲むように87エーカーひろがる極上のエリア!!。今から1万5千年前に大洪水がオレゴンを襲い、ダンディー・ヒルズの火山性土壌の丘に沿って、肥沃なシルト土壌を堆積し、等高線300フィート(90メートル)を挟んで、2つの異なる土壌が存在します。ソーコル・ブロッサーの畑は、この300フィートの境界線を含んで広がっていて、同じ畑といってもブロックごとにニュアンスの異なるブドウが作り出され、ワインにより複雑さが生み出されています。今回ご紹介するワインには、そのユニークなソーコル・ブロッサーの所有する畑のブドウが53%が使われていて、オレゴンらしい多彩な果実のオンパレードにやわらかで品のよい酸味とミネラルがしっかりとサポート!!。余韻に広がる紅茶の風味も強すぎず、全体がとても上品にオレゴンらしさを十分に感じさせながらまとまっています。【北米品種:ピノ・ノワール】オレゴンの老舗ワイナリーが生み出す超バリュー・ピノ・ノワール!!『パーフェクト・バランス!!』2008年はオレゴン始まって以来の超当たり年!!97点!!海抜300フィートの等高線を挟んだ異なる土壌からなる複雑なる果実味!!この味わいで2,380円!!オレゴンらしい透明感のある果実味をもつ超バリュー!! [ソーコル・ブロッサー・デリニア300 2008]環境に配慮するワイン造りを目指す、いわゆる[グリーン・ワイナリー]のリーダー的存在たる[ソーコル・ブロッサー]では、ソーラーパネルを設置して自家発電しています。手前に広がるのは、ピノ・ノワール畑です。ワインの熟成設備である[バレル・セラー]も、環境に配慮。2009年度の建築面での環境にやさしい設計で、アメリカで初めて認定されたのがこの貯蔵庫です。現地でも飲めない超限定生産の激安旨オレゴン・ピノ!!しかもワイン・スペクテーター誌97点獲得の超グレート・ヴィンテージです!『オレゴン・ピノは素晴らしいけど、総じて高い!!』というイメージを持っておられる方も多いかもしれませんが、今、徐々にこの傾向が変わってきています。常日頃、『バリューの高いワインを紹介してください!!』とインポーターさんにはお願いしているのですが、『このワインには、自信があります!!』と、インポーターさんが持ち込んでくださったのが、このワイン!!もったいぶって、なかなか価格を教えてもらえない中、試飲してみると、果実の凝縮感、酸味のバランス、ボディの厚み、どれをとっても素晴らしく、『いくら安いと言っても3,000円は切らないだろう・・・』という素晴らしい味わいだったのですが、それがなんと2,380円というではありませんか!!。『なんでこんなワインをもっと早く教えてくれなかったんですか?』と詰め寄ったのですが、2010年5月終わりにリリースが始まったばかりのニューフェース!!しかも、超限定生産ゆえに現地アメリカの需要はまかないきれないために、日本とカナダにしか輸出しないのだとか!!。実際、こんな安くて美味しいオレゴン・ピノがアメリカ市場に出回ってしまったら、注文が殺到してしまうに違いありません!!。なにしろ、ヴィンテージはワイン・スペクテーター誌がオレゴン・ピノ全体になんと【97点】という高得点をつける超グレートイヤーです!!。ピノ・ノワール好きの皆様!!。ぜひ、ご堪能ください!!。その名も[ソーコル・ブロッサー・デリニア300 2008]!!!造り手である[ソーコル・ブロッサー]は、オレゴンでも老舗の造り手です!!。オレゴンのワインの歴史は1966年に始まる、とされているのですが、わずか5年後の1971年にオレゴンのテロワールに魅せられてブドウ畑を切り開き、以来、ワイン・スペクテーター誌などでも92点という高い得点を獲得するピノ・ノワールを生産してきました。自然なワイン造りを目指し、オレゴンはもとより、全米でもいち早く、オーガニック栽培、環境にやさしいワイン造りを取り入れ、2005年には米国農務省認定のオーガニック認証を受けています。また、2009年度には、全米初めて、環境にやさしい建築デザイン採用のワイナリーと認めら、オレゴンを代表する自然派農法を実践するワイナリーです。設立の古いソーコル・ブロッサーの畑は、ワイナリーを取り囲むように87エーカーひろがる極上のエリア!!。今から1万5千年前に大洪水がオレゴンを襲い、ダンディー・ヒルズの火山性土壌の丘に沿って、肥沃なシルト土壌を堆積し、等高線300フィート(90メートル)を挟んで、2つの異なる土壌が存在します。ソーコル・ブロッサーの畑は、この300フィートの境界線を含んで広がっていて、同じ畑といってもブロックごとにニュアンスの異なるブドウが作り出され、ワインにより複雑さが生み出されています。今回ご紹介するワインには、そのユニークなソーコル・ブロッサーの所有する畑のブドウが53%が使われていて、オレゴンらしい多彩な果実のオンパレードにやわらかで品のよい酸味とミネラルがしっかりとサポート!!。余韻に広がる紅茶の風味も強すぎず、全体がとても上品にオレゴンらしさを十分に感じさせながらまとまっています。現地でも飲めない、ここ日本(およびカナダ)限定の極上のピノ・ノワール!!。オレゴンの老舗ワイナリーが万を辞してつくり上げた素晴らしい2,380円です!!。ぜひとも、この機会にたっぷりとご堪能ください。


レビュー平均:4.0
 
商品カテゴリ
おすすめサイト
アクセスカウンター