ギリシャ白ワイン・辛口【オリノ・スピロポロス2007(750ml)】 02P22Apr11

価格:¥2478- カードOK 送料別 税込み


■商品コード:doo-bee:10000089
<オリノ・スピロポロスの特徴>ペロポネソス中央、山岳地域マンティニアの標高600m以上で育ったギリシャ固有品種モスコフィレロを100%使用しています。微発泡性で豊かなバラの香りを持ち、グリーンアップル、ピーチ、バナナの風味がハーモニーを奏でます。<相性の良いお料理>ローストラム、焼なす、冷パスタなどに合います。10-12℃がオススメの温度です。品名果実酒添加物亜硫酸塩タイプ辛口 白品種モスコフィレロ100%アルコール度数11.5度内容量750ml原産国ギリシャ地域マンティニア(私有葡萄園シングルエステート)添加物について酸化防止剤:亜硫酸塩が使用されています。亜硫酸塩はオーガニック加工品への添加が認められるほどで、安全性が高く、一時に大量に摂取しなければ人体に影響はありません。<追記>発がん性が認められているのは亜硫酸塩と名前が似ている「亜硝酸塩」です。カードOK酒類販売管理者は店長・前田です。<スピロポロスの農園> ≪≪スピロポロス・ワイナリーはギリシャでもワイン造りが盛んな、ペロポネソス半島アルカディア地区マンティニアにあります。標高約650mの高原にある無農薬栽培のぶどう農園です。<ギリシャワインの良さは?>ワイン造りは紀元前4000年頃に伝えられたと言われ、ヨーロッパではギリシャワインが最も古い歴史を持ちます。 ほぼ全土で造られていて、特にぶどうのギリシャ固有品種がたくさんあることは有名です。醸造工場≫≫<ギリシャワインルネサンス> 1980年代後半、フランスでワイン造りを学んだ若い世代の人たちが、それまでのギリシャ固有品種に加え、力ベルネ・ソーヴィニヨンやシャルドネといったメジャーな品種でワインを造り、各国の品評会に積極的に参加し、高い評価を得ました。これによって「ギリシャ・ワイン」全体の評価も高まったのです。≪≪醸造スタッフのみなさん


レビュー平均:0.0
 
商品カテゴリ
おすすめサイト
アクセスカウンター